予防アイテム

床ずれ 対策 種類 予防 犬の床ずれ

床ずれは、別名、褥瘡(じょくそう)と言います。
多くは、高齢者や病気などで、寝たきりになってしまった患者さんなどに発症します。

在宅や介護において褥瘡(床ずれ)を予防し、治療するための考え方やノウハウを紹介

⇒ 新床ずれケアナビ


⇒ 床ずれの種類  ⇒ 床ずれの危険度チェック

主な原因は、同じ体勢で長期間寝ていたりすることで、その部位の血行が悪化してしまい、細胞が死んでしまうことです。
健康な場合には、寝ているうちに寝返りをうったり、健康な血管や血圧の力で、血液が止まることを防いでいます。
また、細胞が元気なので、再生能力や回復能力も高いです。
逆に、老化や栄養不足、病気などの血液や血管の状態が悪化している方が、床ずれになりやすい状態と言えます。
⇒ 床ずれの原因  ⇒ メカニズム  ⇒ 「ずれ」とは

床ずれで大切なことは、床ずれにならないように観察して、予防することです。
病気やけがもそうですが、早期発見・早期治療がとても重要です。
程度が軽いうちに発見することができれば、その分、治療で早く治ることが期待できます。
⇒ 床ずれの予防  ⇒ 早期発見  ⇒ 皮膚の赤み

床ずれは、予防方法も有り、予防グッズ・アイテムなどもあります。
上手に活用することで、看病の軽減や悪化の予防につなげていきましょう。
⇒ 床ずれの予防 マットレス  ⇒ エアマットの落とし穴

また、床ずれは、人間だけではなく犬にも発症します。
愛犬の床ずれも、何とかしたい飼い主が多いです。
⇒ 犬の床ずれの原因  ⇒ 注意事項
⇒ 洗浄方法      ⇒ ラップ療法

2018年09月08日

犬の床ずれ対策 シニアドックケア・介護の重要性

愛犬の床ずれ問題は、人間の世界の高齢化問題と同様で、愛犬の世界でも同じです。

高齢化に伴い愛犬の環境にあった生活を準備することが重要となります。

人間と一緒で、高齢化になれば、犬の体にもいろいろな不自由や不調が出てきます。


・体の衰えにともなう不自由さ

・認知レベルの低下

・病原菌に対する抵抗力の低下

・それに伴う病気

・さらに体の不自由も加わり床ずれ



これら数々の出来事に知識も対策も練らずに、ただ漠然と対応していては、飼い主の負担が精神的にも肉体的にも増していくばかりです。


「介護や床ずれは、人間の高齢者の場合はどうでしょうか?」


高齢者を対象とした介護やヘルパーの専門家の人から指導やアドバイスを受けたり、介護に応じた養護施設などによって対応することができます。

やはり、専門家の意見やアドバイスを受けることは、介護について適切な行動につながります。

その結果、介護者側も安心をえることができます。


愛犬側については、まだまだ専門の介護や施設が十分ではありません。


獣医師の方も、治療や医療の知識はありますが、介護やケアなどの知識は必ずしも十分ではありません。

また、愛犬の飼い主についても、特に床ずれのような愛犬の体の不自由が原因で発症する事態への対応については不十分です。

シニアドックケアやシニアドック介護などのキーワードがやっと登場し始め、専門の講習会などが開催されることがありますが、まだまだ知名度とともにその数には限りがあります。

床ずれなどのリスクを事前に把握して、愛犬の高齢化とともに生活環境を準備することまではなかなか至らないものです。

心身ともに愛犬の不自由な状態に直面してからでは、飼い主側が試行錯誤しながらがんばって介護していても、いずれ疲れ果ててしまうケースもあります。

シニアドックケアやシニアドック介護の専門家も増えつつあります。

早めの相談から、状況に応じた適切な対応、飼い主側の心の安定など、やはり専門家の意見やアドバイスは重要です。

悩みこんでしまう前に、相談することも良いと思います。
スポンサードリンク:
posted by 人間の床ずれと犬の床ずれ at 11:27 | Comment(0) | 犬の床ずれの注意事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする